あそびつづけるしくみづくりの公式ブログです。

あそびつづけるしくみ イベント DJダイノジ

気仙沼フェニックスフェスを入場無料でみんなで開催したい〜クラウドファンディングスタート〜

投稿日:

DJダイノジさんが東北で毎年やっている『気仙沼フェニックスフェス』が今年も開催します。気仙沼のフェニックスバッティングセンターを貸し切って、サンマを焼いて食べたり、ダイノジの漫才観たり、ライブを観たり踊ったりするフェス。

なんでわざわざ気仙沼で?

フェニックスバッティングセンターは、昔からあるバッティングセンターではなくて、牛乳屋さんを営んでいる千葉さんが2014年に作ったバッティングセンターです。
千葉さんは、気仙沼で9人家族で暮らしていて2011年3月11日の東日本大震災の津波で、奥さんや娘さん、ご両親ら、7人の大切なご家族を失いました。
千葉さんと息子さんが助かって、毎日絶望しながら生きていた時に野球好きの息子さんが「気仙沼にバッティングセンターを作って欲しい」って言ったそうです。
その言葉に、千葉さんは生きる希望が湧いて来て「希望の飲むヨーグルト」を売ってバッティングセンターを作ると決めたそうです。

ダイノジ大谷さんは、特番で電話でお話して会いに行って、そこで決まった一回目の『気仙沼フェニフェス』、そこから三回目を今年迎えることになりました。

一回目から一貫して入場無料でやっていて、その費用は全て出演者の持ち出しで行われているのですが、実はけっこうかかります。気仙沼はアクセスもあまりよくないことや、バッティングセンターの営業を止めてもらって開催していたり、サンマも提供してもらって焼いていたり。

しんどいなら辞めたらいいじゃんって思う人もいるかも知れない、けど楽しみにしている地元住民の方も居て地元住民の待ち合わせ場所になっているイベントである限り続けたいと思って今回も開催することになりました。

実は僕は、フェニフェスは参加した事がありません。
去年もホームレス小谷や、たいひらめくんが行っていて楽しそうだなーと思っていたくらいで、この背景も何も知らずにただバッティングセンターで大の大人から、子どもまで老若男女が混ざって遊んでいるのがめっちゃ面白いなとTweetを観てたのを憶えています。

去年の12月8日のことボスことダイノジ大谷さんから「気仙沼フェニフェス、きよしくん一緒にやりませんか?」と声をかけてもらって、今回のクラウドファンディングの立ち上げから関わらせてもらいました。僕も背景を知って協力したいと思ったし、今があるのは大谷さんのおかげでもあるので一緒にやらせていただく事にしました。
色々あって公開が一ヶ月近くかかってしまったのですが、ご一読いただけたら嬉しいです。

気仙沼フェニックスフェスを入場無料でみんなで開催したい(外部サイト)
https://camp-fire.jp/projects/view/58093




この記事を読んでくださりありがとうございます!
感想・投げ銭いただけるとネコのようになつきます!
■おもしろいと思ったら、レターポットで感想をいただけると大変喜びます!
ウエオカキヨシのレターポット

■『あそびつづけるしくみづくり』メンバー募集中!
オンラインサロン入会はこちらから

■あそびつづけるしくみ 公式SHOP
Tシャツ販売中のオンラインサロンはこちら

-あそびつづけるしくみ, イベント, DJダイノジ

執筆者:

関連記事

おとぎ町フェス2017 をみんなで作ろう!

おとぎ町で2017年5月5日に、お祭りをすることになりました。 その名も「OTOGIMACHI FESTIVAL 2017」 元々は「西野亮廣独演会 in おとぎ町」として企画を立ち上げていたのですが …

踊る!サザンナイト!を開催してきましたー!

2017年6月25日のサザンの日に自費を投入して開催した「サザンナイト」が、ジャイアンナイト 森森子部Presentsで「踊る!サザンナイト」として9月14日に開催して来ましたー! 会場は、MELOD …

初のDJイベント「サザンナイト」は楽しかった!

2017年6月25日サザンオールスターズさんがデビューした日、通称「サザンの日」に39周年を勝手に盛り上がるべく、DJダイノジさんをお招きしてサザンナイトを開催いたしました。 来てくださった方、ありが …

DJダイノジ ジャイアンナイト優勝博覧会に出演して来ました。

昨日のサザンナイトに引き続きDJやるよって宣言してから二夜連続のDJ出演を果たしました!僕の拙い手売りに34名の方が買ってくださって、当日行くよと予約してくださった方が7名居て総勢41名の方に来てもら …

自分の事を知ってもらう独演会をやってみた

ただの一般人でありながら上岡清志独演会を開催してきました。20人以上の人に来ていただき僕の話を聞いてもらいました。 なんでこんなイベントを開催したのかというと、色々イベントをやっていても実は信用がそん …